導入事例
オルフィス導入事例のご紹介
オルフィス導入で年間400万円のコストが削減出来ました。
A建設業(電線や電柱の工事を行う会社)

・報告書や設計図のカラーコピー

・月平均7万枚~10万枚に上る膨大なコピー

・報告書の写真や図面はカラーコピーが必須。

・経費削減のため、モノクロレーザーとカラーコピーを使い分けていた。

・多くの社員が使うため、迷子の印刷物も多発し、時間も経費も無駄になってしうことがしばしばあった。

  • オルフィス導入で年間400万円のコスト削減が実現した。
  • ICカード認証で迷子になる印刷物がなくなった。
  • 各デスクにあった卓上プリンターを一掃し、オルフィスをメインにした結果、オフィスがスッキリし、付帯経費も大幅に削減された。
オルフィス導入で、カラー写真入りの印刷物は見違えるように活き活きと伝えられるようになった。
社会福祉法人 ○○保育園

・園での様子やこれからの予定、連絡事項などを伝えるため、毎月配る園便りを作成。

・「給食だより」「クラスだより」「入園案内」「一時預かりの案内」など、印刷物は毎月多種多様に存在する。

・モノクロ印刷だったので、子どもたちの様子やせっかくのカラー写真が活かされていなかった。

・多種多様に存在する印刷業務で、吸い取られる時間や品質に対するストレスが溜まっていた。

  • 「園だより」にカラー写真が掲載できるようになって、保護者から高評価をいただけた。
  • スピード、品質、コストどれをとっても満足のいくもので、今までの印刷業務で抱えていたストレスがほとんど解消された。
  • 印刷の質が以前に比べて格段に向上し、保護者とのコミュニケーションにやりがいが感じられるようになった。
オルフィス紹介動画
リソグラフ導入事例のご紹介
両面印刷で印刷ミスが無くなり、 時間も大幅に短縮されました。
社会福祉法人 A 

・様々な広報やイベント告知、予算書や会議資料など

・資料に応じて、数十部から数千部印刷することもある。

単色印刷機で会議資料を両面印刷するため、間違いも多く人でもかかっていた。

  • 両面同時印刷でミスが一掃され、今までの1/5程度で完了するようになった。
  • 2色印刷で赤をアクセントカラーに使え、読む方へアピールしやすくなった。
  • 紙原稿時と比べ、ダイレクト印刷で仕上がりがとてもきれいになった。

両面同時印刷なので、表裏の一調整が簡単テスト用紙や冊子の製作にも好評です。

B 中学校

・「教材」「学年だより」「保健だより」「文集」など

・生徒や父母への配布はもちろん、地域へ配布する「学校通信」など一度に数千部の印刷物もある。

紙の原紙を使って、表裏に印刷する場合でも、片面ずつ印刷していた。

  • 両面印刷で時間と手間が大幅に節約できるようになった。

  • 音が静かで、気兼ねなく印刷業務が出来るようになった。

  • USB印刷で写真も鮮明に仕上がる。

A4/B4/A3サイズの教材を両面同時に印刷時間も大幅に短縮でき教員や生徒にも大満足されています。

C 大学

・年間数百種類に及ぶ教材を適宜100~200人分印刷

・冊子、レポート、論文など、用途も様々

古い印刷機では、インクの乾きも遅く、両面印刷には手間も時間もかかっていた。

  • 乾燥時間が不要で、待ち時間が不要になり、両面印刷もできるため、作業時間が劇的に短縮された。

  • 4版の印刷ならA4両面同時印刷が可能になった。

  • 自動面付け機能機能でレイアウトが簡単になった。

ページのトップへもどる